あらすじ

お酒を飲む時はお酒の味はもちろんだけど、季節、天気、お店、雰囲気、酒の肴…なども重要! より美味しく、より楽しく、お酒を飲みたい人に贈る「酒飲み」指南書! 大雪、台風、大事件…年に何回かの「特殊な日」には外でお酒を! 「非日常」は何よりの酒の肴!

配信中作品一覧

並び替え
  • 酒のほそ道(1)
    酒のほそ道(1)
    お酒を飲む時はお酒の味はもちろんだけど、季節、天気、お店、雰囲気、酒の肴…なども重要! より美味しく、より楽しく、お酒を飲みたい人に贈る「酒飲み」指南書! 大雪、台風、大事件…年に何回かの「特殊な日」には外でお酒を! 「非日常」は何よりの酒の肴!
  • 酒のほそ道(2)
    酒のほそ道(2)
    にわか雨に降られ、紛れ込んだ路地の奥。そんなところに酒の店? 入ってみると、趣味のいい上品な店内、美人なママ、料理はうまいし、値段も安い! でも、そういうお店に限って…!?
  • 酒のほそ道(3)
    酒のほそ道(3)
    もし宝くじの1等が当たったら、自宅の地下に酒のテイスティングルームを作るとか、キレイどころを数人ひきつれて全国蔵元めぐりとか、いっぱい想像はふくらむけれど、まずはコタツで当たり券を前にして湯豆腐に焼酎で乾杯かな?
  • 酒のほそ道(4)
    酒のほそ道(4)
    一年で一番夜が長い冬至の日、酒場の明かりも一段と輝き、まずは「あずきかぼちゃ」で一杯、それから「金銀融通そば」で一杯、それから「ゆず湯」に入ってビールを一杯、これぞ冬至の過ごし方!
  • 酒のほそ道(5)
    酒のほそ道(5)
    連休を利用し、とある湖畔のバンガロー村へ。夕飯は「和牛の溶岩焼き」「鮭のちゃんちゃん焼き」「ニジマスの塩がま」。ところが鮭は黒コゲ、肉は生焼き、マスは釣れずで、結局カレーに。でもライス抜きのカレーをつまみにした酒がうまいことうまいこと。
  • 酒のほそ道(6)
    酒のほそ道(6)
    海が見える露天風呂で一杯、部屋に戻ると舟盛りを肴にまた一杯、こんなゼイタクしていいんだろうか…と思ったら、もう帰る時間!? 日帰り温泉はちょっとキビしいけど、帰りの電車でもビールを一杯!
  • 酒のほそ道(7)
    酒のほそ道(7)
    酒の肴に「生うに」。パカパカ食わず、ほんのちょびっとつまんで口に運べば、ほわーっと海の香り。ここですかさず酒をふくむと、さらに海の香りが増幅して…。ほら、「生うに」と日本酒、呑みたくなった?
  • 酒のほそ道(8)
    酒のほそ道(8)
    クリスマス・イブの夜、偶然会った宗達とかすみはフランス料理と赤ワインで乾杯。クリスマスイルミネーションを見て、ロマンチックになったふたりは……居酒屋で飲み直し!
  • 酒のほそ道(9)
    酒のほそ道(9)
    居酒屋で、クーラーの直撃がイヤで席替えした宗達、次の席ではトイレの入口が丸見えだがら席替え、次は机の脚がガタガタするから席替え、次はお座敷へ移動して…!?
  • 酒のほそ道(10)
    酒のほそ道(10)
    安くてウマいつまみの代表だった鯨が高級品に。松浦漬、さらし鯨、ベーコンに竜田揚げ、尾の身の刺身に珍味盛り合わせ、最後にハリハリ鍋! う~ん、やっぱり鯨の旨さは酒がすすみます!
  • 酒のほそ道(11)
    酒のほそ道(11)
    鰯を下魚とバカにするなかれ! 刺身になめろう、にぎりに塩焼き……特に梅雨どきの鰯は“入梅いわし”といってトロにも負けないほど脂がのっている。最初は「鰯なんて」と言っていたオジさんも…?
  • 酒のほそ道(12)
    酒のほそ道(12)
    友人らとスキーに来た宗達。温泉での楽しみは、もちろん湯に浸かりながらの一杯。おみやげコーナーで買った酒と「ふきのとう味噌」を、ひっくり返さないように盆ではなく桶に入れて、チビリチビリとやればこれぞ極楽。
  • 酒のほそ道(13)
    酒のほそ道(13)
    暑い日にはやっぱりビール。とるものもとりあえず、一気に飲んでノドを潤したところで、つまみは江戸前の穴子にシャコ、エビ…こうなると、もっと“いい風情”で呑みたくなるもので…。
  • 酒のほそ道(14)
    酒のほそ道(14)
    酒の肴に“そばがき”。ピンとこないという人も多いのでは? 蕎麦屋では板わさや天ダネなんかをつまみにして、蕎麦はシメ、が一般的。けれど、そばがきならちびちびとつまみにできて、ソバそのものを味わいながら飲める、というわけだ。というわけで宗達は今日もそばがきで一杯!
  • 酒のほそ道(15)
    酒のほそ道(15)
    営業で、郊外の町を訪れていた宗達がたまたま見つけたあるお店。川が近くを流れるいい雰囲気で、宗達が注文したのは“鮎”! 塩焼きで良し、煮付けで良し、燗をつけたお酒にもよく合って…。これぞ夏の渓谷の味!!
  • 酒のほそ道(16)
    酒のほそ道(16)
    年がら年中ビールにチューハイ…たまには違うものが飲みたくなる。そこで宗達が出したのは何とスパークリングワイン。日本ではどうしてもパーティや祝いの席で飲むものと思われがちだけど、欧米では食前酒としてだけでなく、もっと気軽に飲まれているのだ。というわけで今夜はスパークリングワインで乾杯!
  • 酒のほそ道(17)
    酒のほそ道(17)
    今日も仕事帰りにみんなで一杯! 出てきたお通しに入っていたのはしらす干し。しかしそれを見て「ちりめんじゃこじゃないの?」という人も。しらす干しとちりめんじゃこ、その違いについて、宗達が得意のウンチクを…?
  • 酒のほそ道(18)
    酒のほそ道(18)
    ひらめと言えば鯛と並ぶ高級魚。シコシコとした歯触り、繊細な風味、そしてエンガワの脂ののった美味しさ…。宗達もいろいろと語りたいウンチクがあるようですが、淡白な風味のひらめを食べている時くらい、もっと静かに食べてもいいのでは?
  • 酒のほそ道(19)
    酒のほそ道(19)
    庶民の味方、アジ! たたき、塩焼き、唐揚げ…酒の肴にもってこいの千両役者だ。しかし最近では関アジのような“ブランドもの”のアジもよく見かける。そうした風潮に宗達は一言あるようで…。
  • 酒のほそ道(20)
    酒のほそ道(20)
    今夜のメニューはしゃぶしゃぶ。ならば牛を…と思うなかれ。最近は豚しゃぶもブームなのだ。牛よりもさっぱりしていて安上がり、薬味の工夫でいろいろ楽しめる。旨味の詰まったスープにみそとラーメンを入れればシメまで充分楽しめる。これは牛よりも美味しいかも?
  • 1
  • 2
  • 3
購入した作品の読み方

無料作品

注目のタグに紐づく作品

リベンジH 分冊版

著者:仙道ますみ ダーク

ストーカー浄化団

オオガヒロミチ(原作)/オオイシヒロト(その他) ダーク

ヒル

今井大輔 ダーク

社内探偵

かたおかみさお/egumi スカッとする

レプリカ 元妻の復讐

タナカトモ/ひらいはっち スカッとする

ブラックガールズトーク ~女が語るムカつく奴ら~【単話】

マキノマキ(著) スカッとする

comic Berry’s 蜜色オフィス

広枝出海/pinori 逆ハーレム

どん底からの逆ハーレム~メンズコスメ企画部に異動ですか!?~

かめやともまさ/秋月弓 逆ハーレム

彼友、すきかも。【マイクロ】

吉岡侑依(著) 逆ハーレム

転生したら15歳の王妃でした~元社畜の私が、年下の国王陛下に迫られています!?~【分冊版】

斧名田マニマニ(KADOKAWA「ビーズログ文庫」刊)/片桐辺/八美☆わん 異世界

異世界に救世主として喚ばれましたが、アラサーには無理なので、ひっそりブックカフェ始めました。【単話】

和泉杏花(著・原作)/近江谷(著・構成)/桜田霊子(著・作画) 異世界

聖女のはずが、どうやら乗っ取られました【分冊版】

吉高花(「オーバーラップノベルスf」刊)/じさま/縞 異世界

イケメンだから愛せない

神咲めぐみ 秘密の関係

私たちのヒミツ事情

小島美帆子 秘密の関係

セフレの品格―プライド―

著者:湊よりこ 秘密の関係

広告で人気

こんな商品もチェックされています