いじめるヤバイ奴

あらすじ

ただの「いじめ」ではありません。仲島は、クラスに君臨する「いじめっ子」。いじめの対象は儚げな女の子・白咲さん。暴虐の限りを尽くし、彼女は毎日いたぶられた。憑りつかれた様にいじめる仲島は、どこか狂っていた。──そう、狂っていたのだ。この「いじめ」の真相。仲島は、「いじめ」を強要されていた。いじめられっ子の白咲さんによって。加害者になるという未知の恐怖。悲劇とは、彼のことを言うのだろう。

配信中作品一覧

  • 巻で購入
  • 話で購入
並び替え
  • いじめるヤバイ奴(1)
    いじめるヤバイ奴(1)
    ただの「いじめ」ではありません。仲島は、クラスに君臨する「いじめっ子」。いじめの対象は儚げな女の子・白咲さん。暴虐の限りを尽くし、彼女は毎日いたぶられた。憑りつかれた様にいじめる仲島は、どこか狂っていた。──そう、狂っていたのだ。この「いじめ」の真相。仲島は、「いじめ」を強要されていた。いじめられっ子の白咲さんによって。加害者になるという未知の恐怖。悲劇とは、彼のことを言うのだろう。
  • いじめるヤバイ奴(2)
    いじめるヤバイ奴(2)
    この「いじめ」、本当に凶悪なのは誰? 仲島は「いじめ」を強要されていた。白咲さんをいじめなければ、恐怖のお仕置きが待っている。クラスメイトを欺き、非道な「いじめっ子」を演じ続ける毎日。正義漢・田中を退けたものの、次に現れたのは、転校生の加藤。彼は、同級生を自殺にまで追いやった本物のいじめっ子だったのだ。平穏を守るため、いじめっ子の座を懸けた恐怖の「いじめバトル」が始まる。
  • いじめるヤバイ奴(3)
    いじめるヤバイ奴(3)
    彼女は過激にいじめられたい。要求はただ1つ。「死ぬまで私をいじめ続けろ。」いじめっ子として振る舞うため、あの手この手で誤魔化す日々。「もう耐えられない」そう思った時、青山さんが手を差し伸べてくれた。「修学旅行で白咲の悪行を暴こう」。罠を張り、油断させ、京都を舞台に悪魔を追い込む。──そして。崖の上から誰かが落ちていく。最後に立っているのは誰だ?
  • いじめるヤバイ奴(4)
    いじめるヤバイ奴(4)
    彼女は過激にいじめられたい。要求はただ1つ。「死ぬまで私をいじめ続けろ。」他クラスでのいじめを止めなければ、見回りが強化されてしまう。追い込まれた仲島がとった作戦は「いじめっ子探偵」として犯人を捕縛することだった。果たして、犯人は誰なのか? 意地の推理ショーが開幕する。──そして、修学旅行最終日。ついにこの時が来た。いじめることから逃げ出す時が。自由は、もうすぐそこにある。待つのは天国か、それとも地獄か。
  • いじめるヤバイ奴(5)
    いじめるヤバイ奴(5)
    彼女は過激にいじめられたい。要求はただ1つ。「死ぬまで私をいじめ続けろ。」平穏な生活を送るため、「白咲いじめ」と「緑田守り」のダブルタスクを続ける仲島。疲労困憊の彼にさらなる悲劇が襲う。それは、生徒会によるいじめの告発。生徒会は裏で「いじめ奴隷」なるものを生み出し、娯楽としてのいじめを行っていたのだ。それらを秘匿するために、文化祭で仲島をいじめ加害者として晒上げるのだという。最大のピンチを迎えた仲島の、起死回生の打開策とは──?
  • いじめるヤバイ奴(6)
    いじめるヤバイ奴(6)
    彼女は過激にいじめられたい。要求はただ1つ。「死ぬまで私をいじめ続けろ。」生徒会にいじめの証拠動画を握られてしまった仲島。なんとか動画を消去しようとするも副会長・如月の徹底的なブロックに遭ってしまう。こうなったら、文化祭当日に動画を抑えるしかない! 仲島・加藤・田中の「いじめ薩長同盟」で悪の生徒会に挑む。──が、田中と加藤の絆には亀裂が入っていた。突如訪れた新選組解散の危機。そして、1人になってしまう加藤。「本当は田中を助けたいだけなのに……」。元いじめっ子の、孤独で厳しい戦いが始まる──。
  • いじめるヤバイ奴(7)
    いじめるヤバイ奴(7)
    彼女は過激にいじめられたい。要求はただ1つ。「死ぬまで私をいじめ続けろ。」全校生徒の前で流れてしまった「仲島のいじめ証拠」動画。いじめっ子バレが死を意味するこの状況で、生徒会の完全勝利は揺るぎないかに思えた。しかし、仲島にはとっておきの秘策があった。場は混迷を極め、それぞれの思惑が交差していく。乱入する緑田、先を読む白咲、激怒する青山。最後にいじめっ子を名乗れるのは誰だ? ──それから。矢場高は合併し、新たないじめに出会う。新章「生徒会選挙」編、開幕。
  • いじめるヤバイ奴(8)
    いじめるヤバイ奴(8)
    彼女は過激にいじめられたい。要求はただ1つ。「死ぬまで私をいじめ続けろ。」徳光の絶対王政を破るべく、仲島がとった作戦は「裏切り者の炙り出し」。その策略は見事にはまり、中間選挙では予想以上の結果を得る。しかし、こんなに上手く進んでいいのだろうか? 一抹の不安がよぎった時、最悪の事態が訪れ、状況は一変する。──ところで。知ってはいけない秘密を知る者がいる。白咲の中学時代に起きた事件。それが全ての始まりだった──。
  • いじめるヤバイ奴(9)
    いじめるヤバイ奴(9)
    彼女は過激にいじめられたい。要求はただ1つ。「死ぬまで私をいじめ続けろ。」徳光がとった秘策、「矢場高生減らし」。仲島の票田である元矢場高生を手当たり次第に襲っていく凶行は効果絶大。もう成す術がないと諦めかけたそんなとき、影の薄い候補者・宮内からの提案を受ける。それは、とんでもない選挙ハックだった――。一方、新選組にもピンチが訪れる。拉致されてしまった田中を救出すべく、悩める岩瀬と廃人加藤が戦いを挑む。すべては仲間を守るため、そして信念を貫くため。今こそ真の覚醒の時――。
  • いじめるヤバイ奴(10)
    いじめるヤバイ奴(10)
    彼女は過激にいじめられたい。要求はただ1つ。「死ぬまで私をいじめ続けろ。」決定打に欠けた最終演説は終わり、仲島の勝利はもはや風前の灯火。もう無理だと諦めかけたその時、候補者・吹石から想像を超えた提案を受ける。「私の票をすべて仲島くんに託す」。徳光の悪政を取り除くためだったら自らの勝利を諦めても構わないと言うのだ。吹石がくれた最後の希望。票の移譲書類を提出したい仲島と、提出を阻止したい徳光。この勝負を制す者が、選挙戦を制す──!
  • いじめるヤバイ奴(11)
    いじめるヤバイ奴(11)
    彼女は過激にいじめられたい。要求はただ1つ。「死ぬまで私をいじめ続けろ。」長く過激な選挙戦を終えて仲島が決意したのは白咲からの脱却だった。一度と言わず二度も失敗した希望への道。そう何度も同じ轍を踏むものか。まずは謎に包まれた彼女の過去を知るべく、徳光と共に調査旅行に向かう。知りたいのは、彼女の中学で起きた凄惨な殺人事件。怪しい数学教師に親友だという女子高生、そしてこちらを窺う不穏な存在。それは、触れてはならないパンドラの箱なのか──。
  • いじめるヤバイ奴(12)
    いじめるヤバイ奴(12)
    彼女は過激にいじめられたい。要求はただ1つ。「死ぬまで私をいじめ続けろ。」白咲の過去を探る――。そのために向かった調査旅行ではほとんど何の成果も得られなかった。それでも、落胆なんてしていられない。「白咲逃れ計画」の悲願を成就させるべく、次に仲島が目をつけたのは部活動。夢中になれる趣味を作ってあげるため白咲と共に百人一首部に入部を決める。しかし、そこで待っていたのは突然正気を失いいじめを始めてしまう「いじめっ子覚醒」なる現象だった――。
  • いじめるヤバイ奴(13)
    いじめるヤバイ奴(13)
    彼女は過激にいじめられたい。要求はただ1つ。「死ぬまで私をいじめ続けろ。」全国レベルの猛者たちがいじめっ子になってしまう謎の事件に仲島は頭を抱えていた。裏で誰かが糸を引いているはずなのだが、いくら調べても正体がつかめない。そんな時、更なる事件が起きる。学校中のほとんどの生徒がいじめっ子になってしまったのだ!溢れるいじめっ子。壁で閉鎖される学校。そして轟く怒声ーー。最悪の「いじめパニック」が始まった。
  • いじめるヤバイ奴(14)
    いじめるヤバイ奴(14)
    彼女は過激にいじめられたい。要求はただ1つ。「死ぬまで私をいじめ続けろ。」いじめっ子たちの覚醒を解くため仲島が見出した唯一の希望は、田中の「一斉浄化」。しかし、作戦遂行中に白咲と共に巨大な落とし穴にはまり、まさかの窮地に陥る。無線も繋がらない深い穴底、鉄で覆われた壁、そして横には白咲。絶体絶命の中、仲島が見つけた不可能を可能にする脱出法とは?――さらには、突然の雨が幼き日の記憶を呼び覚ます。白咲に重なる少女との出会い。今、秘められた過去の扉が開く。
  • いじめるヤバイ奴(15)
    いじめるヤバイ奴(15)
    彼女は過激にいじめられたい。要求はただ1つ。「死ぬまで私をいじめ続けろ。」いじめっ子を取り込む作戦で、ようやく落とし穴からの脱出に成功した仲島。パニック犯との田中取り合い戦に復帰するも、どうやら状況は劣勢のようだ。そして、事態はさらに悪化する。一緒にいたはずの白咲が消え、相次ぐ戦闘で新選組も再起不能に陥る。残されたのは、仲島ただ1人。そこに忍び寄る不穏な影…。絶望の「復讐いじめショー」が幕を開ける。
購入した作品の読み方

『いじめるヤバイ奴』をチェックした人のおすすめ

中村なん(著)の他作品

一覧へ

無料作品

あなたにオススメキャンペーン

一覧へ

上に戻る