あらすじ

現代日本のリアルを抉った核心的人間ドラマ現代日本において再犯防止を考えるのは、必須の課題である。「罪を犯してしまった」者や「道を踏み外した」非行少年の社会更正の橋渡しをするのが、保護司の役目だ。保護司は法務省が委嘱する非常勤で無報酬の国家公務員であり、ボランティアである。立場の弱い人間が抱える問題に、主人公である保護司・阿川佳代は真摯に対峙する。保護司制度の存続が危ぶまれている今、保護司に求められている姿とは何であろうか?本作は現代日本が抱える問題を掘り下げる本格ヒューマンドラマです。是非ご一読ください。

配信中作品一覧

  • 巻で購入
  • 話で購入
並び替え
  • 前科者 1
    前科者 1
    現代日本のリアルを抉った核心的人間ドラマ現代日本において再犯防止を考えるのは、必須の課題である。「罪を犯してしまった」者や「道を踏み外した」非行少年の社会更正の橋渡しをするのが、保護司の役目だ。保護司は法務省が委嘱する非常勤で無報酬の国家公務員であり、ボランティアである。立場の弱い人間が抱える問題に、主人公である保護司・阿川佳代は真摯に対峙する。保護司制度の存続が危ぶまれている今、保護司に求められている姿とは何であろうか?本作は現代日本が抱える問題を掘り下げる本格ヒューマンドラマです。是非ご一読ください。
  • 前科者 2
    前科者 2
    現代日本の抱える問題点を抉る社会派ドラマ「罪を犯してしまった」者や「道を踏み外した」者たち。現代日本において再犯防止を考えるのは、必須の課題だ。保護観察対象者の社会更生の支援をするのが、保護司である。保護司は法務省が委嘱する非常勤で無報酬の国家公務員であり、ボランティアである。立場の弱い人間が抱える問題に、主人公である保護司・阿川佳代は真摯に対峙する。保護司制度の存続が危ぶまれている今、保護司に求められている姿とは何であろうか?本作は現代日本が抱える問題を掘り下げる本格ヒューマンドラマです。サブキャラクターに前科者・斉藤みどりが登場し、物語は俄然興味深い流れになりました。是非ご一読ください。
  • 前科者 3
    前科者 3
    現代日本の問題点を抉る社会派ドラマ。「罪を犯してしまった」者や「道を踏み外した」者たち。現代日本において再犯防止を考えるのは、必須の課題だ。保護観察対象者の社会更生の支援をするのが、保護司である。保護司は法務省が委嘱する非常勤で無報酬の国家公務員であり、ボランティアである。立場の弱い人間が抱える問題に、主人公である保護司・阿川佳代は真摯に対峙する。保護司制度の存続が危ぶまれている今、保護司に求められている姿とは何であろうか?本作は現代日本が抱える問題を掘り下げる本格ヒューマンドラマです。今巻では、覚醒剤取締役法違反で逮捕後、佳代が担当になった田村多実子の苦悩。万引きを繰り返す児珠よしの閉ざされた心に佳代が丁寧に接していく。読み応えたっぷりの一冊です。
  • 前科者 4
    前科者 4
    償う人に寄り添う女性保護司の物語。「罪を犯してしまった」者や「道を踏み外した」者たち。現代日本において再犯防止を考えるのは、必須の課題だ。保護観察対象者の社会更生の支援をするのが、保護司である。保護司は法務省が委嘱する非常勤で無報酬の国家公務員であり、ボランティアである。立場の弱い人間が抱える問題に、主人公である保護司・阿川佳代は真摯に対峙する。今巻では、覚醒剤取締役法違反で逮捕後、佳代が担当になったことで心に安寧を取り戻していた田村多実子がまたクスリに手を出しそうになる。その苦悩に佳代がまっこうから対峙する。読み応えたっぷりの一冊です。
  • 前科者 5
    前科者 5
    犯罪者のその後と保護司を描くナマな物語。「罪を犯してしまった」者や「道を踏み外した」者たち。現代日本において再犯防止を考えるのは、必須の課題だ。保護観察対象者の社会更生の支援をするのが、保護司である。保護司は法務省が委嘱する非常勤で無報酬の国家公務員であり、ボランティア。立場の弱い人間が抱える問題に、主人公である保護司・阿川佳代は真摯に対峙する。今巻では、自分への好意を思い切りぶつけてくる対象者・田口安吾にどう接していくか?佳代が悩みながら進んでいく姿を正面から描きます。
  • 前科者 6
    前科者 6
    犯罪者のその後と保護司を描くナマな物語。「罪を犯してしまった」者や「道を踏み外した」者たち。現代日本において再犯防止を考えるのは、必須の課題だ。保護観察対象者の社会更生の支援をするのが、保護司である。保護司は法務省が委嘱する非常勤で無報酬の国家公務員であり、ボランティア。立場の弱い人間が抱える問題に、主人公である保護司・阿川佳代は真摯に対峙する。今巻は被害者担当保護司を務める梶木の勧めで、強制わいせつ罪を裁く法廷を被害者の視点で傍聴。被害者の女子高生・玲子に会いに行った佳代が苦悩するく姿を正面から描きます。
  • 前科者 7
    前科者 7
    前科者と保護司のナマな物語。「罪を犯してしまった」者や「道を踏み外した」者たち。現代日本において再犯防止を考えるのは、必須の課題だ。保護観察対象者の社会更生の支援をするのが、保護司である。保護司は法務省が委嘱する非常勤で無報酬の国家公務員であり、ボランティア。立場の弱い人間が抱える問題に、主人公である保護司・阿川佳代は真摯に対峙する。この巻で佳代が担当するのは老人へのオレオレ詐欺の受け子をした男・岩本。二十歳なのに人生にすっかりさめている。一方、佳代への淡い気持ちに気づいたみどりは岩本と恋愛ごっこを始めるが…!?
  • 前科者 8
    前科者 8
    前科者に寄り添う保護司物語。「罪を犯してしまった」者や「道を踏み外した」者たち。現代日本において再犯防止を考えるのは、必須の課題だ。保護観察対象者の社会更生の支援をするのが、保護司である。保護司は法務省が委嘱する非常勤で無報酬の国家公務員であり、ボランティア。立場の弱い人間が抱える問題に、主人公である保護司・阿川佳代は真摯に対峙する。佳代が今回担当するのは、小松城倫子。自身が属する思想団体を咎められ、母親を金属で殴った。その団体を率いるA青坂はセックスを賛美。佳代は青坂にどう対峙するのか?
  • 前科者 9
    前科者 9
    対象者と彼らに寄り添う保護司の人間物語。「罪を犯してしまった」者や「道を踏み外した」者たち。現代日本において再犯防止を考えるのは、必須の課題だ。保護観察対象者の社会更生の支援をするのが、保護司である。保護司は法務省が委嘱する非常勤で無報酬の国家公務員であり、ボランティア。立場の弱い人間が抱える問題に、主人公である保護司・阿川佳代は真摯に対峙する。佳代が今回担当するのは、小松城倫子。自身が属する思想団体を咎められ、母親を金属で殴った。その団体を率いるA青坂はセックスを賛美。A青坂の説く『正しい悪』は不思議と説得力がある。佳代になついている高校生かすみも青坂に興味津々。小松城に呼び出され、青坂の部屋に乗り込んだ佳代を何が待つ…!?
  • 前科者 10
    前科者 10
    罪を犯した者たちに寄り添う保護司の物語。「罪を犯してしまった」者や「道を踏み外した」者たち。現代日本において再犯防止を考えるのは、必須の課題だ。保護観察対象者の社会更生の支援をするのが、保護司である。保護司は法務省が委嘱する非常勤で無報酬の国家公務員であり、ボランティア。立場の弱い人間が抱える問題に、この漫画の主人公である保護司・阿川佳代は真摯に対峙する。最新巻では佳代の親友・みどりの知り合いであるりりが出所。彼女が空き巣を働こうとしのび込んだアパートで出逢った少女・鏡子。彼女が負った心の傷を知り、りりは一体どうするのか!?虐待にまつわる問題に真っ向から取り組んだ意欲作です。
購入した作品の読み方

無料作品

こんな商品もチェックされています