新九郎、奔る!

あらすじ

戦国大名の先駆け、伊勢新九郎の物語!織田信長、豊臣秀吉、徳川家康……かの有名な武将たちが活躍する時代の少し前、戦乱の世のはじまりを生き抜き、切り開いた男がいた―――その名を伊勢新九郎。彼はいかにして戦国大名となったのか。彼はそもそも何者だったのか。知られざる伊勢新九郎の生涯を、まったく新しい解釈で描く意欲作!「戦国大名のはしり」とも言われる武将を描く、話題騒然の本格歴史コミック、待望の第1集!!!!!

配信中作品一覧

並び替え
  • 新九郎、奔る! 1
    新九郎、奔る! 1
    戦国大名の先駆け、伊勢新九郎の物語!織田信長、豊臣秀吉、徳川家康……かの有名な武将たちが活躍する時代の少し前、戦乱の世のはじまりを生き抜き、切り開いた男がいた―――その名を伊勢新九郎。彼はいかにして戦国大名となったのか。彼はそもそも何者だったのか。知られざる伊勢新九郎の生涯を、まったく新しい解釈で描く意欲作!「戦国大名のはしり」とも言われる武将を描く、話題騒然の本格歴史コミック、待望の第1集!!!!!
  • 新九郎、奔る! 2
    新九郎、奔る! 2
    応仁の乱、激化!伊勢家にも乱の影響が!?幕を開けた応仁の乱。都のあちこちで火の手があがり、千代丸の住む伊勢邸の隣の一色邸が襲撃にあい、騒然とする家中。そんな折、離れて暮らす実母・浅茅は実家のために武家の娘として、とある決心を千代丸に打ち明ける。それは新九郎の伯父(義母の兄)である、伊勢貞藤の正妻になることであったーーーー乱世を生き抜くための母の告白に「早く大人になりたい」という想いを強くする千代丸。父不在を理由に渋る伊勢家の現当主・貞宗に、元服を迫るが!?いよいよ「伊勢新九郎」誕生の時。大人と子供の狭間で、“大人たちの戦さ”を見守る新九郎は何を思い、何を学び、どう生き抜くのか。第1集、発売即緊急重版!戦国の夜明けを駆け抜けたはじまりの武将、伊勢新九郎を描く本格歴史コミック、第2集!!
  • 新九郎、奔る! 3
    新九郎、奔る! 3
    応仁の乱編クライマックス!兄弟の運命は?応仁の乱が膠着するなか、将軍の弟・義視と京を離れていた新九郎の兄・八郎が帰京。優しい面差しから一転、顔に大きく入った刀傷に伊勢家の面々は驚く。一方、義視は戻って早々、兄・義政に諫言、激怒させてしまい、その立場を危うくしていた。しかし、八郎は義視こそが「次の将軍に相応しい」と語り、伯父・貞親や父・盛定への怒りをあらわにする。そんな兄の態度に不安を隠せない新九郎だが……天下の足利兄弟の不仲が伊勢家の兄弟仲に影を落とす。そして姉・伊都の輿入れの夜、彼らの命運を分ける事件が起こるーーー!激しく胸震える、慟哭の第3集!!
  • 新九郎、奔る! 4
    新九郎、奔る! 4
    舞台は京から荏原へ!新章、領地経営編!!父・盛定の名代(代理)で領地・荏原(現在の岡山県井原市)へ下ることに。初めての領地に心躍らせる新九郎。しかし、到着してみると領地である「東荏原」と伯父・盛景が治める「西荏原」の境目が曖昧で、年貢の取り分も不明瞭であることが発覚。領民も新九郎を領主として認識しておらず、逆に盛景の息子で従兄弟の盛頼の人気は絶大。伯父で年貢を集める「荏原政所」を取り仕切る珠厳も新九郎を客扱い、古くから荏原に棲まう那須氏も何やら探り出し、山積する問題に頭を抱えるがーーーー京の都での「戦さ」とはひと味違う地方の領地経営の難しさを描く、新たな出会いと奮闘の第4集!
  • 新九郎、奔る! 5
    新九郎、奔る! 5
    窮地に次ぐ窮地!新九郎に“落馬”の危機!領地・荏原での生活にも慣れ、領主名代として、存在感を増し始める新九郎。しかし、それを快く思わない伯父・珠厳は、新九郎を亡き者にしようと、自邸の酒宴での暗殺を企む。一方、京では父・盛定が将軍・義政の怒りをかい“無役”にーーー荏原でも、京でも、窮地の連続の伊勢家親子だが……新九郎、盛定、共に人生から“落馬”待ったなし!?伊勢家の今後を左右する、事態急変の第5集!
  • 新九郎、奔る! 6
    新九郎、奔る! 6
    荏原編、佳境!悩みは領地経営と…恋!?家督を継ぎ、領主として荏原に戻った新九郎。しかし、そこでは西の領主名代の盛頼と、那須資氏の間で境目争いが勃発していた!!自身の不在中の出来事に憤る新九郎。戦さにならないうちに収めようと奔走する。そんななか、親しくしていた那須の姫・つるの一糸まとわぬ姿を目撃してしまいーーー!?次に新九郎を襲うは煩悩の嵐?領地経営と恋に翻弄される荏原編、いよいよ佳境へ!
  • 新九郎、奔る! 7
    新九郎、奔る! 7
    京での疱瘡の流行…受難が続く新九郎だが?那須の姫、つるとの淡い初恋は儚くも散り、傷心の新九郎。しかし、その傷も癒えぬうちに、京の都で怖ろしい感染症・疱瘡(天然痘)が流行し始める。そんな疱瘡が猛威をふるうなか、新九郎の弟・弥次郎が高熱で寝込んでしまう。必死の看病をす義母・須磨。新九郎は収穫期を終え次第上洛しようと領地経営に励むがーーーー
  • 新九郎、奔る! 8
    新九郎、奔る! 8
    室町コミックブームの火付け役! 最新巻!文明五年(一四七三年)、新九郎のもとに伯父・貞親逝去の報が届く。それを皮切りに、応仁の乱のきっかけとなった人々が次々とこの世を去ることに。世代交代の波が押し寄せるなか、新九郎は相も変わらず、自分の家の金策に頭を悩ませていた……その矢先、姉・伊都が嫁ぎ先の駿河・今川家にて嫡男を出産。父・盛定はお祝いを兼ねて、伊都への金策をしてくるよう新九郎に駿河行きを命じるがーーー!?乱の中心人物が不在でもなお、終わる気配のない天下の大乱。そして荒れる関東。時代はいよいよ戦国へと急速に向かい始める!
購入した作品の読み方

イチオシ青年マンガ!


ギフト±

青年マンガ
すぐに試し読み!

無料作品

こんな商品もチェックされています