太平記 愛蔵版

あらすじ

★☆★☆★☆★☆★☆時は正中元年(1324)北条高時執権下の鎌倉幕府。朝廷の権威回復を図る後醍醐天皇の倒幕計画が発覚! 天皇の御代を実現しようとする智謀の将・楠木正成は鎌倉幕府を追い詰める! ★☆★☆★☆★☆★☆(一)『笠置の巻』楠木正成の前半生。後醍醐天皇の挙兵に呼応して鎌倉幕府打倒の兵を挙げた正成は…。【目次】第一帖 犬追物第二帖 無礼講第三帖 正中の変第四帖 元弘の乱第五帖 楠木正成登場第六帖 笠置山の合戦第七帖 松の下露第八帖 阿新丸第九帖 赤坂城攻防戦(二)『千早の巻』千早城での敗戦で九死に一生を得た正成は不死鳥のごとく蘇り、朝廷のために奮闘、新田、足利軍とともに鎌倉幕府を追い詰める! 【目次】第一帖 死の唐櫃第二帖 児島高徳第三帖 正成再挙第四帖 吉野に散る第五帖 千早城攻防戦第六帖 北条氏滅亡第七帖 建武の新政第八帖 足利謀叛第九帖 血戦湊川(本書は単行本一、二巻を収録)

配信中作品一覧

並び替え
  • 太平記 愛蔵版 一巻 楠木正成
    太平記 愛蔵版 一巻 楠木正成
    ★☆★☆★☆★☆★☆時は正中元年(1324)北条高時執権下の鎌倉幕府。朝廷の権威回復を図る後醍醐天皇の倒幕計画が発覚! 天皇の御代を実現しようとする智謀の将・楠木正成は鎌倉幕府を追い詰める! ★☆★☆★☆★☆★☆(一)『笠置の巻』楠木正成の前半生。後醍醐天皇の挙兵に呼応して鎌倉幕府打倒の兵を挙げた正成は…。【目次】第一帖 犬追物第二帖 無礼講第三帖 正中の変第四帖 元弘の乱第五帖 楠木正成登場第六帖 笠置山の合戦第七帖 松の下露第八帖 阿新丸第九帖 赤坂城攻防戦(二)『千早の巻』千早城での敗戦で九死に一生を得た正成は不死鳥のごとく蘇り、朝廷のために奮闘、新田、足利軍とともに鎌倉幕府を追い詰める! 【目次】第一帖 死の唐櫃第二帖 児島高徳第三帖 正成再挙第四帖 吉野に散る第五帖 千早城攻防戦第六帖 北条氏滅亡第七帖 建武の新政第八帖 足利謀叛第九帖 血戦湊川(本書は単行本一、二巻を収録)
  • 太平記 愛蔵版 二巻 足利尊氏
    太平記 愛蔵版 二巻 足利尊氏
    ★☆★☆★☆★☆★☆清和源氏の流れをくむ足利高氏(尊氏)は天下取りに照準を合わせ、幕府打倒で挙兵する。鎌倉幕府滅亡後、後醍醐天皇の親政に対する武士たちの不満を吸い上げた尊氏は、朝廷と絶縁! 叛旗を翻す! ★☆★☆★☆★☆★☆(三)『六波羅の巻』清和源氏の嫡流として生を享けながらも北条の風下に立つことをよしとせず自害した祖父の志をつぎ、天下取りに標準を合わせた尊氏は幕府打倒の兵を挙げる…。【目次】第一帖 血の置文第二帖 悪党第三帖 足利と新田第四帖 闘犬第五帖 赤坂攻め第六帖 好機到来第七帖 裏切り第八帖 六波羅攻撃第九帖 北条幕府崩壊第十帖 塾し柿(四)『室町の巻』鎌倉幕府は滅亡した―。しかし後醍醐天皇の親政は武士の理想郷とはほど遠い貴族優遇の不平等な世の中だった。武士たちの不満を吸い上げた尊氏はついに天下取りを目指す! 【目次】第一帖 建武の暗雲第二帖 戦乱再び第三帖 多々良浜の合戦第四帖 南北朝時代第五帖 悲惨 金ヶ崎城第六帖 北畠顕家第七帖 後醍醐天皇崩御第八帖 四条畷の決戦第九帖 足利幕府確立(本書は単行本三、四巻を収録)
  • 太平記 愛蔵版 三巻 新田義貞
    太平記 愛蔵版 三巻 新田義貞
    ★☆★☆★☆★☆★☆足利家によって常にその下風に立たされてきた新田家。遂に北条政権を滅ぼすも、尊氏の反乱により再び京は戦火にのまれてしまう―。己の信念をもとに足利と雌雄を決する義貞は…。新田と足利の因縁の戦いが、いま始まる! ★☆★☆★☆★☆★☆(五)『鎌倉の巻』【目次】第一帖 水争い第二帖 鎌倉の海第三帖 危難第四帖 争乱第五帖 千早城第六帖 挙兵第七帖 小手差原 分倍河原の合戦第八帖 鎌倉攻防戦第九帖 稲村ヶ崎(六)『燈明寺畷の巻』【目次】第一帖 宿命の争い第二帖 建武の崩壊第三帖 箱根 竹之下の合戦第四帖 京の争乱第五帖 勾当内侍第六帖 比叡おろし第七帖 雪の北陸路第八帖 気比 金ヶ崎第九帖 燈明寺畷(本書は単行本五、六巻を収録)
購入した作品の読み方

無料作品

広告で人気