お江戸残酷物語

藤田素子

324円

1% 還元(最大3pt)

カート追加

あらすじ

町人たちが中心となり、独自の文化・芸術を花開かせた江戸時代。しかし、人々の間には幸福や充足だけではなく、どす黒い怨念も転がっていた。虚々実々を混ぜ合わせ、数多くの怪談話が作られたのもこの時代。藤田素子先生が江戸の怪異と人情をつづった連作短編集。<収録短編あらすじ> お針子として働く娘、お糸。ある日、針が縫いこまれたままの品物を渡そうとした咎で、同僚がきびしい体罰をうけた。本当は自分のミスだったのではないかと、お糸は怖れおののく。しばらくして同僚は身投げし、不気味な出来事が起きはじめた(「針地獄」)。重病の姉とともに、細々と暮らしていた娘、お美乃。お金が無いばかりに、とうとう姉は非業の死を遂げた。残されたかんざしは、お美乃の心と体に深くつきささる(死にかんざし)。人気の無い女芸人、お菊。解雇も時間の問題だったが、ある夜の興行で怪奇現象が起こり、そこから人気が出るようになった。ほくそ笑むお菊の前に、ファンを名乗る人物が現れて……(「血の恋文」)。

もっと読む

商品情報

雑誌 ---

出版社 オフィス漫