NG 3

山田玲司

594円

1% 還元(最大5pt)

カート追加

あらすじ

駆け落ちのような形で、鎌倉にやってきた魂輝と灯。ホテルの一室で、灯は魂輝に「話があるの」と切り出す。別れを告げられることを予想しパニックになった魂輝だが、灯の口から出た言葉は、婚姻届けに「ハンコ、押してもいいの?」だった。まさかの展開になり、喜びで気を失いそうな魂輝。だが深夜、灯の携帯の着メロが鳴り出す。電話の相手は恭二だった…。

もっと読む

商品情報

雑誌 週刊ヤングサンデー

出版社 小学館