特命係長 只野仁 ルーキー編 愛蔵版 6「バブルに咲く花」

柳沢きみお(著)

550円

1% 還元(最大5pt)

カート追加

あらすじ

テレビ朝日系で連続ドラマにもなった「特命係長 只野仁」の原点である新入社員時代を描く「ルーキー編」! 第6巻も、2冊分のボリューム(全368ページ)があるお得な愛蔵版!!1990年、バブル真っ盛りの東京。電王堂で特命社員として働くことになった只野 仁(23)は、師匠・森葉直美の指導の下、日夜 特命に勤しんでいた。電王堂の社内に個人的に金を貸してくれる女がいた。オールドミスの勝山和子(43)だ。彼女は、社内の金欠男たちから月1割の利息で金を貸していた。そして、その資産額は1億円に迫っていた。その和子がある日 失踪してしまう。身に余る大金は身を滅ぼす。それをよく知っている電王堂社長・黒川は、只野に捜索を依頼。只野はフィリピン女性にハマっている宣伝部の大久保が臭いと睨むのだった・・・・・・!<第6巻>「バブルに咲く花」第1、2話「金貸し女」全2話第3~5話「あるホストの死」全3話第6~8話「投資グループ」全3話第9、10話「悪いヤツ」全2話第11~13話「共犯者」全3話第14、15話「凄い女」全2話原書:2016年6月22日発行 コンビニエンスストア版「特命係長 只野仁 ルーキー編 バブルに咲く花」(講談社)

もっと読む

商品情報

雑誌 ---

出版社 ゴマブックス