あじさいの唄 青春の巻

森栗丸(著)

605円

1% 還元(最大6pt)

カート追加

あらすじ

明るく元気な男の子・栗太郎。母上はいないけどテレ屋で優しい侍の父上に、捨て犬だった栗之助が家族!大江戸ほのぼの劇場、堂々の単行本。病気で母を亡くしている栗太郎は、寺子屋でお母さんの絵を描くことになって浮かない顔をしていた。「お父さんの絵でいいんだよ」と気を遣ってくれるごんちゃんや江身先生にも、「お母さんがいないわけじゃない!僕にだって母上はいたんだ!」とついつい反発。そんな栗太郎は、河原で遊んでいる親子を見て、母のことを思いだし…(第1話)。ある日、散歩の途中でいじめられている男の子を助けた栗太郎と栗之助。ところがその男の子に「命の恩人だから、お礼に竜宮城へ連れて行ってあげる」といわれボーゼン。ごんちゃんの話によると、その子はウソばかりついているので「ウソつきかん太」と呼ばれているというのだが…!?(第2話)

もっと読む

商品情報

雑誌 ビッグオリジナル

出版社 小学館