蒼眸のバラード[第三部◆制覇編](7)

入倉ひろし

540円

1% 還元(最大5pt)

カート追加

あらすじ

伝説のハードボイルドロマン「蒼眸のバラード」最終章の第7巻!畑中達也は総裁・創本雄吉の養子となり、創雄会二代目を継承した。伊達の生み出す綿密な作戦と極秘殺人チームを指揮する宮原、そして畑中の懐刀と呼ばれる吉岡らにより創雄会はその地位を盤石なものとしていく。妨害を受けながらも名実トップとなった畑中は、猛虎会の関東進出を阻止すべく日暮を始末する。しかし、かつての盟友であった東光連合会に襲撃を受けることに。その戦いの中、川上、金森らの手によって小峯が殺されてしまう。しかし、川上は創雄会の刺客によって葬られ、小峯組の跡目を熱望する小峯の実弟・宗介によって金森は抹殺された。そんな折、畑中の兄弟分である梅地が出所するも、ふと入った映画館で刺客に襲われる。その背後には対立組織の影が見え隠れする――。さまざまな思惑が交錯し織りなすハードボイルドヒューマンドラマ。1985年、日本最大級と言われる「山一抗争」の真っ最中に連載が開始された本作。裏の世界を舞台に、綿密な取材に基づきリアルさを追求したハードボイルド・ロマン。掲載誌には、数多くの本物たちからさまざまな声が寄せられた。これまで単行本化されていなかった「第三部◆制覇編」が約30年の時を経て、電子書籍で遂にコミックス化!

もっと読む

商品情報

雑誌 ---

出版社 HEW